« 「菅降ろし」と「原発」というタブー | トップページ | 福島第1原発、汚染水は回らない »

2011-06-16

柄谷行人「倫理21」を再読しました

本屋の店頭で、たまたま「倫理21 (平凡社ライブラリー)」を手に取り、拾い読みしました。
とても読みやすい。講演記録の体裁をとっていますからね。

この本、実はハードカバーの単行本(「倫理21」)が出た時点で購読したはずでした。
ところが、本屋の店頭で手に取った文章の「形」と「意味」は、まったく未知なるもの。すべて忘れてしまっているんですね。
完全なる忘却。完璧なる記憶消去。驚いてしまいました。

自宅に戻り、ゴミの山と化している古本・雑誌の集積の前に蹲り、黙々と「倫理21」を探しました。
やっと見つけた私の「倫理21」は、白い表紙が少し黄ばんでいて、明らかに読み終えた形跡があります。

読み始めました。たったいま初めて手に取ったように「新鮮」です。
「ああ、思い出した……」などという瞬間は、ついぞ訪れることもなく「あとがき」にまで至りました。

トランスクリティーク ― カントとマルクス」、「世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて (岩波新書)」、「世界史の構造」……「倫理21」の後に出た柄谷先生の主な作品です。
再読するとなれば、そのすべてが「新鮮」なんだろうな……そう思いました。

|

« 「菅降ろし」と「原発」というタブー | トップページ | 福島第1原発、汚染水は回らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3615/51961193

この記事へのトラックバック一覧です: 柄谷行人「倫理21」を再読しました:

« 「菅降ろし」と「原発」というタブー | トップページ | 福島第1原発、汚染水は回らない »