« 道のり険し、二人の指揮官 | トップページ | @takagengen、政治についての原則を語る »

2010-05-27

コンテナに収納された巡航ミサイル

100522missilesjpgロシア企業(Concern Morinformsystem-Agat)が、コンテナに積み込むことができるミサイルシステムを全世界に販売中だ。名前は「Club-K Container Missile System」という。コンテナだから目立たないし、すぐに移動できる。ちょっと怖いね。

値段はどうかというと、「1セットの価格は1650万ドル」。現在のレートで15億円ほどか。ミサイルシステムの値段など知るわけもないが、たぶん、とても安いんだろう。
しかも、このコンテナにはロシア製の高性能ミサイルが搭載されるという。ロシアの軍事専門家によると、その定評あるミサイルは空母キラーである、といっている。

高性能ミサイルを隠し持ち、トラックや貨物列車、コンテナ船に積載して移動できて、しかも安い。テロリストグループの手にわたる可能性も考慮せざるをえなくなる。

テロ対策に苦しむアメリカなどは、頭が痛いことだろう。ペンタゴンをはじめ各国軍事筋からすると、当然ながら黙っているわけにもいかない。北朝鮮、イランなどといった国の軍部がこれを手中に納めるとなれば、これも悪夢である。

したがって、このロシア企業に対して「販売を中止せよ」との国際的な要求圧力がかかるのは容易に推測できるところだ。これに対して、当のロシア企業は自社のサイトで以下のように反論している(「Press release Club-K Container Missile System」)

  1. 兵器である以上、カモフラージュするのは当たり前。
  2. コンテナ船ならばすべて搭載可能というわけではない。
  3. 高額のミサイル兵器を持てない貧しい国にしても、他国の侵略から国を守る権利はある。
  4. ロシアには厳格な武器輸出規制がある。テロ組織やテロリスト国家には販売できない。

だから、「このシステムがテロと結びつくことなどない。むしろテロに対する効果的な対抗手段となる」と結論づけている。兵器を開発し、それを世界に売りさばくことを商売としている限り、こうした論理に帰結するのは、しょうがないのかもしれない。

この企業がつくったプロモーション映像があった。何だかアフリカのギニア湾岸あたりの国を連想してしまうな。

    ★         ★

テクノロジーの進化、その変容、ネット環境の変遷。 こういう本を読んでいると、肩こりが軽くなるような気がする。なぜなんだろ?










|

« 道のり険し、二人の指揮官 | トップページ | @takagengen、政治についての原則を語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3615/48470902

この記事へのトラックバック一覧です: コンテナに収納された巡航ミサイル:

« 道のり険し、二人の指揮官 | トップページ | @takagengen、政治についての原則を語る »