« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009-05-08

買った本、借りた本、立ち読みした本

読んだはずの本。同じ本を買ったり借りたりといった愚かなことにならないために憶えておこう。面倒なのでつまんない感想文はパスだ。

  • 仲正 昌樹集中講義 アメリカ現代思想
  • 会田 弘継追跡・アメリカの思想家たち

アメリカ思想とその担い手についてのお勉強。正直にいうと、ジョン・ロールズらのリベラリズムにしても、ロバート・ノージックらのリバタリアリズムにしても、マイケル・サンデルらのコミュニタリアニズムにしても、一つとして原典を読んだことがない。知ったかぶりにも程があるぞ。「アカンではないか!!」と自分を叱ってみるが、「いまさらなあ・・・・・・」とも思う。残り少ない人生。オジサンも忙しいのである。

  • 水村 美苗「日本語が亡びるとき
  • 半藤 一利「昭和史 戦後編
  • 内田 樹「昭和のエートス
  • 上杉 隆「石原慎太郎-5人の参謀
  • 松岡 正剛「多読術
  • 西田 宗千佳「クラウド・コンピューティング
  • 橋本 治・内田 樹「橋本治と内田樹

そこらにあったので、とりあえず読む。上のほうから「読んで損はしなかったかな」という順番。「日本語が亡びるとき」は妙に話題になっていたので、眉に唾を塗りながら読んだ。
いじけた性格のオジサンは、世評の高いものに対して常に懐疑的である。いつでもどこでも嫉妬心の虜になっているような人間に向かって、「冷静に、そして公平に」というのは無理というもの。
ところが、この本は面白かった。「まずは国語を守れ。
子どもたちに近代日本文学を読ませよ。普遍語たる英語に精通すべきは、一部の人間だけでよろしい。そもそも『誰もがバイリンガル』という努力は無理・無駄」とする水村先生の主張・提言に対する賛否はともあれ、やっぱり立派な作家の書くものはサクサクと読むことができて、爽快な気分になる。
これに対して、途中で何度も放り出したのが、「橋本治と内田樹」という対談本。喋っている本人からして、「対談などに意味があるのかね」というような発言をしているんだもん、面白いわけがない。
何度か途切れつつも最後まで読み通したのは、「借りた本はしゃぶり尽くせ」という我が内なる貧乏人根性ゆえである。
貧乏人根性といえば、「クラウド・コンピューティング」と「多読術」に至っては、最初から最後まで本屋の店頭で読み終えた。すべてのヒトがすべての本を「立ち読み」で読み終えるとき、この国の出版文化はどうなるのか。「Google問題」みたいだね。

  • 東谷 暁「日本経済の突破口
  • 池尾 和人・池田 信夫「なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学
  • 広瀬 隆「資本主義崩壊の首謀者たち
  • 中谷 巌「資本主義はなぜ自壊したか

本屋の店頭に平積みされている「世界恐慌2.0」関連本の一部。旺盛な野次馬根性こそ、貧乏人の属性の一部である。猛火が自宅を包み込もうとする間際でさえも、へらへら笑って火事場を眺める野次馬どもの群れ。悲しいことにオジサンも、その一人らしい。
これも上から「読んで損なし」の順番。といっても、「内容を要約してみて」と要求されると、どれもこれも薄ぼんやりとした記憶しか残っていない。
「日本経済の突破口」には「資本主義はなぜ自壊したか」に対する痛烈な批判が載っていた。中谷先生の「回心」は、ちょっとばかり早すぎるし、軽すぎるとオジサンも思った。沈黙をもって懺悔の表明とする。野次馬には程遠い態度である。あれれ、そうすると中谷先生も火事場の野次馬のお一人ということになってしまうが、如何か?

  • 津村 記久子「ポストライムの舟
  • 津村 記久子「カソウスキの行方

芥川賞を受賞した津村先生の作品。この国の若い連中の「リアル」が、よく分かるような気がした。
貧乏人根性を抱え込まざるを得ない卑小なる存在にとっての、のっぺりとした日常性。でも、そんな卑小な存在があれやこれやの苦闘の果てに洗練度を高めていったとき、いったい何が見えてくるのか?
この国の若い連中が生きる「リアル」とは、おそらくはそういう問いとともに呼び起こされるものなのだろう。 津村先生の作品には、そうした問いにたいする答えの一端があるように感じた。

  • 柄谷 行人「柄谷行人 政治を語る

本屋で見つけて、カフェに跳び込み、一気に読み終える。レンタルDVDの宣伝ではないが、購入するなり一気呵成に読み終えた。
柄谷先生、現状を語る。ますます分かりやすくなってきたお言葉。閉塞したつまらない時代。それだからこそ、「遠大なる見取図」のもとに「大いなる希望」を指さしてみせる。
本物の思想家というのは、どうしてこうも格好いいのか。それこそ、嫉妬しちゃうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »