« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005-08-11

カレンダーめくりと腰痛と・・・

8月である。しかも、その3分の1が過ぎてしまった。カレンダーめくりのためにメモを書く。月に1度のメモ。こうなると、「小さなメモ帳」の後ろに「My Monthly Log」などと添え書きしておいたほうがいいかもしれない。

メモを書くといっても、とりたてて語るべきこともない。子どものころに経験した作文の時間を思い出す。

「自由にテーマを選んで書いてみましょう」
「・・・・・・」
「なんでもいいのよ、心に浮かんだこととか、願っていることとか・・・」
「やりたくないこととかでも?」
「そうよ、やりたくないことでもOKよ」
「作文、書きたくないとだけ書いちゃダメ?・・・」
「そう・・・だったら、どうして書きたくないのか、その気持ちを書くといいのよ。自分に訊ねてみるの、どうしてボクは書きたくないんだろうって」
最良の教育者は、ときとして最悪の拷問執行官となる。あのころ、いったい何を「作文」していたものやら。いつも白紙のままで提出していたのだろうか。

実をいうと、メモ云々以前の問題として、パソコンに向かうこと自体が辛いのだ。長い時間、椅子に座りつづけていると、腰に奇妙な異和感が残る。ときにじんわりと痛みが疼く。

腰部の養生を考えると、なるべく机上の作業から身を離すことが肝要である。パソコンを弄して喜んでいる場合ではないのだ。

これが、「作文、書きたくないよ」と(それなりに)かわいい声で甘えていた少年の末路である。少年老い易く学成り難し。数十年後、「かわいい少年」は腰痛ゆえに事務作業の継続さえ怪しまれるような「かわいそうな老人」に相成ったのだ。いまさらいうまでもないが、「時が経つ」というのは実に残酷なものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »