« シーザリオと小さな感動日記と・・・ | トップページ | カレンダーめくりと腰痛と・・・ »

2005-07-12

Bravo!! CoolBiz!! 開襟シャツと半ズボンと・・・

街なかを歩くと、ノーネクタイのオッサン、アンチャンの姿が目立つ。
街はずれのクーラーもないような作業場で働く身にはどうでもよいことではあるが、官民あげての「クールビズ」キャンペーンが効いているのだろう。

一般論としていえば、政治権力が絡むようなキャンペーンにまっとうなものなどあるはずがない。その手法は下品であり、そのめざすところは詐欺の類と大差がないというのが常である。

だが、何事にも例外はある。このたびの「クールビズ」こそ、そうした例外の最たるものではないか。
クールビズは正しい。"Bravo!! CoolBiz!!" 以下、その理由を述べる。

《理由の1》
大手をふってだらしない格好ができる。それどころか褒められるのだ。開襟シャツの襟元を大きくはだけて、「クーラーの設定温度、上げろよ・・・」と呟くと、「分かってるねぇ、アイツ・・・」と感心されたりする。
日ごろから「ダラケ野郎」と陰口を叩かれてばかりのオレ(やアンタ)にとってみれば、夢のような話ではないか。

《理由の2》
この惑星を襲う温暖化の危機。これに抗する闘いに貢献しうる知識・技術を持たないオレ(やアンタ)。こういうヤツにも闘いのフィールドは開かれている。クールビズこそ、オレ(やアンタ)にとっての闘いの場だ。

・オフィスでは・・・
すべての事業所等において、夏の冷房の設定温度を26.2℃から28℃に1.8℃上げるとすると、ひと夏で約160~290万トンの二酸化炭素を削減することができます。(COOL BIZ
となれば、ネクタイを外すなどといった微温的なレベルにとどまっていることもない。さすがに「真っ裸はまずい」とは思うが、ポロシャツ、Tシャツ、タンクトップ、半ズボンなどなど、すべていいんじゃないか。

いくらなんでも半ズボンは・・・そう感じるかもしれない。でも、それこそ思いこみというものだ。戦後のある時期までは半ズボン姿で通勤するサラリーマンもたくさんいたのである。

朝日新聞 : サザエさんをさがして - マスオ流「クールビズ」の写真を見てほしい。半ズボン姿で電車を待つ人品卑しからざる紳士が映っているではないか。
記事によれば、真夏にネクタイを着けるようになったのは、1961年あたりからだという。帝人が売り出した「ホンコンシャツ」が大流行し、ネクタイいらずの開襟シャツを駆逐してしまったのだ。

誰もがそう思えばそれが正しく、そう思わなければ不当なものとなる。服装規範(dress code)ほど目に見えて分かりやすい共同幻想の例はない。

いまこそクールビズに正統性を与えよ。開襟シャツやポロシャツを「真」とし、ネクタイ&スーツを「偽」とせよ。半ズボンで通勤するアンチャンを(あまり勧めはしないがオッサンも)褒めたたえよ。

|

« シーザリオと小さな感動日記と・・・ | トップページ | カレンダーめくりと腰痛と・・・ »

コメント

オッサンの1ファンとして、お願いします。
「だらしない格好」だけはしないでください。
「カッコ良く、くだけた格好」にしてください。

投稿: musume | 2005-07-21 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3615/4940146

この記事へのトラックバック一覧です: Bravo!! CoolBiz!! 開襟シャツと半ズボンと・・・:

« シーザリオと小さな感動日記と・・・ | トップページ | カレンダーめくりと腰痛と・・・ »