« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005-06-18

コンフェデ杯の戦い、サパティスタ、夢のゲーム・・・

気が晴れない。やらなくてはいけない仕事がたまっている。出たくもない会合も予定されている。
さっさと仕事を片づけてしまうならば、鬱々とした気分も少しはよくなるのだろう。だが、ここは「ニワトリが先か、タマゴが先か」の関係と同じで、鬱々としているから仕事に着手できないのか、それともさっさと仕事に取りかからないから鬱的境地にあるのか、こればかりは分からないのである。

とりあえず先決すべきは、「仕事が先か、鬱々とした気分が先かと」いったバカげたループから逃れることだ。何か気張らしはないのかい?

気晴らしにもならないだろうが、フットボールのことをメモしておく。

昨日の早朝、コンフェデレーションズカップ、グループB予選「日本-メキシコ」戦の後半のみをライブで観た。

月並みな印象だが、メキシコは強い。いったんボールを奪うと、執拗に保持しつづける。まるで揺りかごを運ぶように大切にボールを扱う。同じようにボール・ポゼッションを高めることでアジア予選を勝ち抜いてきたジーコ・ジャパンにとってみれば、断然に格上の達人と戦っているようなもので、まず勝ち目はない。そんな感じがした。

決勝点となったメキシコの2点目は、ジーコ・ジャパンのディフェンスの弱点である「高さ」を突かれたものだ。
知ってのとおり、次に戦う欧州チャンピオン・ギリシャ代表の武器の1つは「高さ」である。ジーコもギリシャの高さに対する対策が重要だと語っているが(Japan Today - Japan bracing for Greek backlash at Confederations Cup -)、高さではギリシャはメキシコの比ではない。ジーコ・ジャパンの健闘を祈る。

メキシコ代表チームの狡猾なゲーム運びを眺めていると、以前にZapatista rebels woo Inter Milan(BBC NEWS)という記事を読んだことを思い出した。メキシコ先住民の自治ゲリラ組織である「サパティスタ」が、世界屈指のフットボールクラブ「インテル・ミラノ」に対して試合を申し込んだという話だ。

サパティスタの伝説的なリーダー、カルロス副司令官のユーモアに満ちた手紙の文面が面白い。「サパティスタのボールはパンクしちゃってるからボールをもってきてね」と世界最高のフットボールクラブに試合を申し込む。何とも人を食ったような呼びかけでとても楽しい。

Rebel leader Subcomandante Marcos asked Inter to bring the match ball because the Zapatistas' ones were punctured.

"I challenge you to a match against a team from the Zapatista national liberation army," it said, "at a time and a place to be determined."

"Given the affection we have for you, we're not planning to submerge you in goals," the letter went on.

"As we wait for your reply, we'll continue with our rigorous training regime."

メキシコ先住民の権利を守るために「サパティスタ」が武装蜂起して世界を驚かせたのは、1994年のことである。
黒い目出しスキー帽で顔を覆ったゲリラたちは、150人にも及ぶ犠牲を出しながらもチアパス州の村々の自治を守ることに成功した。4年ほど前に書かれたものであるが、わが国のインターネット・ジャーナリズムを牽引する田中宇の文章を参考にしておこう。
"サパティスタの蜂起を成功に導いたのは、この組織の戦略立案者やスポークスマンをつとめる指導者「マルコス副司令官」の能力によるところが大きい。今やメキシコで彼の名を知らぬ者はおらず、彼は行く先々でスーパースターのような扱いをうけている。"

"マルコスの戦略は、チェ・ゲバラに象徴される「古き良き正義の左翼ゲリラ」のイメージを喚起しつつ、インターネットを通じた広報活動を展開したり、世界的な「反グローバリゼーション運動」の流れの中に自分たちを位置づけたりすることで、国際的な支援も集めることに成功した。

 サパティスタの幹部たちは、一般の先住民と同様、伝統衣装をまとい、足はサンダル履きで、テレビが全国中継した国会演説にも、その格好で登場した。その一方で、彼らは山中の拠点から、VHFトランシーバーを使ったパケット通信のインターネットを通じ、世界中の支持者に電子メールで情報交換し、http://www.fzln.org.mx/など彼らのサイトで記事を更新している。94年元旦のNAFTA発効日を選んで蜂起した彼らは「世界で最初にグローバリゼーションに反対した人々」と賞賛されてもいる。"─────メキシコを動かした先住民の闘い

インテルのスター選手サネッティ(アルゼンチン代表)は、サパティスタ支持を公言している。
Zanetti, an Argentine, also wrote a letter to express his support for the rebels' "struggle to maintain your roots and fight for your ideals".
サパティスタとインテルの試合はどうなっただろう。続報がないところをみると、おそらくは実現はむずかしいということなのだろうか。
チアパス州の密林のなかにポッカリと穿たれた緑のピッチ。その上で、ゲリラたちが世界最高のフットボールプレイヤーたちとボールを奪い合う。
強い陽射しを浴びて、緑の森も、荒れたピッチも輝いて見える。
今日ばかりは、ゲリラたちも黒い目出しスキー帽を脱ぎ去っている。
ゲリラとその家族たちが笑っている。
ビエリがゴールを外し、アドリアーノが笑い、レコバがおどけて、ダービッツが肩をすくめている。サネッティもキリ・ゴンサレスもベロンもカンビアッソも笑っている。アルゼンチン代表がみんなで笑っている。
カルロス副司令官も笑っている・・・
その光景は、オレのちっぽけな鬱状態を吹き飛ばしてくれる「」であることは間違いないのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-06

切ないぞ、初夏の陽射しが・・・

気がつくと、カレンダーは5月のままだ。小さなメモ帳はすっかりMonthly memoになってしまった。稀代の怠け者の本性が露わになったとしかいいようがない。

だが、バカげたメモを書きなぐり、一人で悦に入っている状況でもないのである。

先月の19日には父が死んだ。死因はうっ血性心不全。悲しくかつ情けないことではあるが、オレは親不孝を絵に描いたような人間である。死に際にあってさえ親を看取ることもなく、姉からの連絡でようやく病院に駆けつけるというありさまだった。とうさん、ゴメンな・・・

5月末には母が入院した。母も父と同じく心臓が悪い。母の心身の状態は加速度的に悪い方向に向かっている感じがする。母は入院を嫌がる。

この土曜日、母は急遽退院することになった。病状説明の席で医師は私と姉に対し、「管理責任というものがありますから・・・」とやんわりと入院を拒んだ。このあたりも父と同じだ。

父は病院を嫌い、しばしば点滴の注射針を引き抜こうとして医師や看護士たちを怒らせたり、困らせたりした。病院スタッフを手こずらせて、半ば強制的に退院させられたりもした。母はそんな父を叱っていたが、いざ本人が入院するようになってからは父と同じように病院とそのスタッフを嫌い、帰宅することだけを唯一の希望として入院生活に耐えているように見える。何十年と寄り添った夫婦というのは、何であれ「似た者夫婦」ならざるを得ないのだ。

家族の死は誰にとっても切ない。典型的な親不孝にとってみれば、親不孝ゆえにいっそう親の死は切ないし、弱り行く親を見守るのも堪らなく辛い。でも、それが人生というものなんだろう。

そういえば、父の葬式の際、こんなことを感じた一瞬があった。

タンパク質や脂肪やカルシウムの塊である「とうさん」はこの宇宙から完全に退場してしまった。でも、「とうさん」という生命情報の束はオレや兄貴や姉貴のなかに生きている。とうさんはオレのなかにいる・・・
リチャード・ドーキンス教授の口真似をして悲しみを紛らわせようとしたわけでもないし、親不孝の自己弁護というわけでもない。ただ、葬儀の式次第に振りまわされて疲労困憊していたことは事実ではあるけれど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »