« 大きな錯覚と「ユーザー・デモクラシー」と・・・ | トップページ | JustBlogItで簡単にメモを書こう・・・ »

2004-12-29

1年という日々と帰ってきた探偵と・・・

気がつくと、「小さなメモ帳」を開設してから1年を超えてしまっていた。光陰矢のごとし。

去年のいまごろ、オレは何をしていたんだろ? そう思って「小さなメモ帳」のバックナンバーをめくり直してみた。すると、そこには1年後の「いま」と寸分違わぬ暮らしぶりが記されているではないか。

たとえば、昨年の12月13日(土)のメモ。この日、オレは同居人の歯科通院をアシストする送迎ドライバーをしている。しかるに、1年を経た先の土曜日もまったく同様にヤツをアシストした。同じ時間帯、同じ歯医者、ヤツを降ろす交差点の位置さえ同じときている。何ともはや・・・

日々の暮らしぶりに向かって、「進歩」云々などというのは論外である。だが、「変化」の一切を拒絶するようなノッペリした人生もまた「問題あり」ではないのか。そう思えば、歯医者の悠長な治療ぶりを笑っている場合ではない。ただし、小さな違いはある。同居人の診療が終わるまでオレは「本屋」で待っていたのである。1年前は「喫茶店」だったのだ。

最近の本屋はパソコンで本を探すことができる。<Seek & Find>という行為は時間つぶしの王道である。本屋のパソコンを前にして、ぼんやりした記憶をたどってあれやこれやの本を検索していく・・・あるもんだな・・・やっぱり・・・ないよ・・・あったよ・・・そうこうしているうちに、10数冊の本を購入する羽目になってしまった。何ともはや・・・

Seek & Find・・・探しものが見つかるのは嬉しいことである。その喜びを商売に結びつけようと、本屋はパソコンを並べている。本屋の浅知恵である。だが、それに引っかかるようなヤツは・・・まさしく「愚か者」というべきか。

「愚か者死すべし」、9年ぶりに私立探偵・沢崎が帰ってきた。探偵は相変わらずだ。Seek & Find・・・フィリップ・マーロウを気取って気障なせりふを吐きながら真犯人を捜し回る。西新宿の古びた雑居ビルの事務所も相変わらず。おんぼろブルーバードも廃車にならずに走りまわっている。探偵は禁煙することもなく(両切りのピース!!)、当然のことながらケータイなんて持っていないのだ(使うこともできない!!)・・・作者による「後記」を読むと、この9年間に「短時間で書くための執筆方法と執筆能力の獲得に苦心を重ねて」きたとある。この作品も短時間で書くことができたとか。原尞ファンとしては喜ばしい限りである。

愚か者死すべし
原 寮
早川書房
2004-11-25


by G-Tools

|

« 大きな錯覚と「ユーザー・デモクラシー」と・・・ | トップページ | JustBlogItで簡単にメモを書こう・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3615/2409098

この記事へのトラックバック一覧です: 1年という日々と帰ってきた探偵と・・・:

« 大きな錯覚と「ユーザー・デモクラシー」と・・・ | トップページ | JustBlogItで簡単にメモを書こう・・・ »